最新のAGA治療とは

これまでのAGA治療の方法は、内服薬によるホルモンバランスの調整によって、毛周期を整え抜け毛を防ぐ、また、外用薬では、直接頭皮に薬を塗布して、発毛を促すといったものでした。
日本では内服薬ではフィナステリドを1mg含有している薬を毎日飲み続けることで、AGA治療をするというものがあります。日本の皮膚科で処方されている薬として、プロペシアが有名です。また、外用薬の塗り薬では、よくCMでリアップが紹介されています。
しかし、これらの手法をとってもAGAが改善されずに泣く泣く治療を諦めてしまった方も多いのではないでしょうか?実際に、これらの治療を受けても症状が改善しない、違いが感じられない、といった声も上がっているのも事実です。

そんなAGA治療も昨今、進歩・発展しており今ではこれらの薬だけではない治療を施術という形で受けることも出来るようになりました。実は、数年前から実施されている治療法として「HARG療法」(ハーグ療法)というものがあります。これは、頭皮に直接ヒト由来の成長因子をダイレクトに注入するというものです。注入された成長因子というものが、活性を失った毛母細胞に刺激を与えて、つまり元気をなくしてしまった細胞に喝を入れて発毛を促すという治療法になります。
でも、このHARG療法なんですが、注入方法が直接頭皮に注射針をさすというものであったため激痛が伴うものでした。その激痛に耐え切れず治療を断念されてしまう方も少なくなかったようです。
そのHARG療法も手法が改善され今では「ノンニードルガンHARG」という治療法があります。これは、従来と違って頭皮の注入方法に針を使わないものですので、痛みをほぼ抑えた施術として受けられます。また、発毛率がなんと99%ととても効果が期待できるものです。もしも、AGAに悩まれているのなら、試してみる価値は充分にあるのではないでしょうか?



トップページへ